Print

国際教育交流センター

国際教育交流センター概要

国際教育交流センター

国際教育交流センターのルーツは、1996年5月に設置された留学生センターにあります。留学生センターは、留学生に対する日本語・日本事情教育と修学指導・生活相談を主要業務として行ってきました。その後2010年2月には国際教育センターへと改組され、日本人学生の海外派遣推進に関わる業務と、HGP(Hitotsubashi University Global Education Program)の企画・運営も担うようになりました。それから8年間、国際教育センターは「一橋大学の国際化推進」という課題の遂行に向けて、現場をあずかる一中核的部局として学生国際交流を強力に推進し、受入留学生数、海外に送り出す本学学生の数を3倍に増加させました。2018年8月には森有礼高等教育国際流動化機構の一部門となり、現国際教育交流センターへと改組されました。その際、日本語による開講科目・英語による開講科目の両方を見渡した広義の全学共通教育の質的充実を図る観点から、HGPの企画運営を行う国際交流科目部門が国際化流動機構機構内のもう一つの部門である全学共通教育センターに移管されました。今後も国際教育交流センターは、国際交流科目部門をはじめ国際化を支える各部門と連携しながら、学生国際交流推進の拡充に向けていっそう積極的に活動を展開していく予定です。

日本語教育 Japanese Language Education Program日本語教育 Japanese Language Education Program


日本語教育部門は、学内の全留学生を対象に、日本語教育を行う組織です。国際教育交流センターのHGP科目である日本語集中クラスと、全学共通教育科目をはじめとする日本語技能別クラスを開講・運営しています。

日本語教育 Japanese Language Education Program日本語教育 Japanese Language Education Program


留学生・海外留学相談室では、外国人留学生からのさまざま相談(勉強、生活、人間関係、ビザ、就職等)に応じます。また、海外への派遣留学を希望する本学学生に対し、進路相談、留学の基本的な手続き、学校選定の方法、推薦書をはじめとする各種書類の作成を支援します。夏・冬季休業期間中には短期海外研修(香港、モナシュ大学GPP、スペイン企業派遣、シンガポール経営大学・マレーシア工科大学)の授業を実施しています。

日本語教育 Japanese Language Education Program日本語教育 Japanese Language Education Program


国際交流科目部門は、国際教育交流センターの他の2部門と連携し、Hitotsubashi University Global Education Program (HGP) の中核となる国際交流科目の企画立案及び運営を行うとともに、各研究科と全学共通教育センターの協力の下、HGP全体のコーディネートを行っています。

教員紹介

国際教育交流センターには、専任教員8名・兼務教員6名・非常勤講師24名が在籍しています。

Share On

CENTER FOR GLOBAL EDUCATION AND EXCHANGE 国際教育交流センター