Print

国費外国人留学生制度

在籍確認

月に1回、国際課(ICSはICS事務室)にて在籍確認のサインが必要です。
サインができなかったら、その月の奨学金は支給されません。

在籍確認には締め切りが月に2回あります。
2017年度在籍確認カレンダーについて:



1回目の締め切りまでにサイン その月に奨学金が支給されます。
2回目の締め切りまでにサイン 翌月に奨学金が支給されます。
サインができなかった場合 その月の奨学金は支給されません。
 

2017年度の奨学金単価

所属課程 奨学金額/月
学部生 120,000円
大学院・研究生 146,000円
大学院・修士 147,000円
大学院・博士 148,000円
ヤング・リーダーズ・プログラム留学生 242,000円

一時出国


2012年7月9日より新しい在留管理制度がスタートし、出国後1年以内に再入国する場合は,原則として再入国許可を受ける必要がなくなります。

  • 国際課またはICS 事務室へ一時出国届を必ず提出してください。
  • 「留学」以外の在留資格で再入国すると、国費奨学金は支給停止となります。

奨学金支給期間の延長

 
  1. 学部留学生(学部→大学院レベル)
    学部における学業成績係数が基準値以上必要です。(文部科学省HPにて、2017年度の取扱要項を確認できます。) ※また,延長できる学生の枠は限られているため,応募者全員が延長できるとは限りません。
  2. 研究留学生(研究生→大学院レベル)
    条件を満たせば、延長申請ができます。
  3.  

    例1) 2016年4月に渡日した場合※

    申請できる入学時期
    2016年秋 2017年4月 2017年秋 2018年4月
    △ ※

    ※2018年4月に入学をする場合は、帰国旅費の支給申請を辞退しなければならない。

     

    例1) 2016年秋に渡日した場合※

    申請できる入学時期
    2017年4月 2017年秋 2018年4月  
    △ ※  

    ※2018年4月に入学をする場合は、帰国旅費の支給申請を辞退しなければならない。


  4. 修士課程・専門職学位課程から博士課程進学希望の場合
    修士課程または専門職学位課程における学業成績係数が基準値以上必要です。
    (留年者は不可) ※また,延長できる学生の枠は限られているため,応募者全員が延長できるとは限りません。

2017年度の延長申請についてはリンク先を参照のこと。

帰国旅費の申請

課程を修了し、奨学金支給期間内に帰国する際は、成田/羽田空港から国籍国最寄りの国際空港までの航空券が支給されます。
9月に修了となる方は帰国希望日の45日前まで、3月修了となる方は当該年度の12月中旬までに国際課へ申請してください。原則、対象の方へは国際課から通知をします。
ただし、以下の場合には帰国旅費は支給されません。

  • 所定の期日までに帰国しない場合
  • 所定の期日までに帰国旅費の申請をしない場合
  • 奨学金支給期間の中途において、個人の都合で帰国する場合
  • 奨学金支給期間終了後、帰国せず引き続き日本に滞在する場合(一時帰国は認められません。)

国費留学生の転学

真にやむを得ず、転学が認められないと著しく国費留学生に不利益を及ぼす場合にあっては、文部科学省に相談し、認められる場合があります。 (大学推薦の場合は不可)

  

国費留学生の辞退

やむを得ない事情(例えば、日本以外への長期間滞在、ご家族の看病、就職が決まった等)により、奨学金受給期間の途中で国費外国人留学生を辞退する場合は、速やかに国際課へお知らせください。

問い合わせ先

国際課 国費外国人留学生担当

  • TEL :

    042-580-8164

  • E-mail :

    int-gs.g3@dm.hit-u.ac.jp

文部科学省HP「国費外国人留学生制度について」の実施要項等もご確認ください。

Share On

Current International Students 在学中の留学生の方へ