在留資格

在留資格の更新

留学生(在留資格「留学」)として日本に在留を許可される期間は、法務省入国管理局により、3月、6月、1年、1年3月、2年、2年3月、3年、3年3月、4年及び4年3月のいずれかに決定されます。したがって、この期間を超えて引き続き留学するときは、在留期間の更新をしなければなりません。この手続きは、在留期限3ヶ月前から期限の切れる前日の間に入国管理局で行ってください。土・日・祝日は入国管理局は閉まっていますのでご注意ください。更新手続きなしで在留期限を越えた滞在は不法在留とみなされ、退去強制手続きの対象になります。長期休暇中に期限が来る人は更新し忘れることのないよう特に注意してください。

在留期間更新手続きに必要な書類と費用は次の通りです。

  1. 更新許可申請書
    用紙は入国管理局にもあります。申請書「所属機関等作成用1・2」については、学部生は教務課、大学院生は各研究科事務室に依頼してください。
  2. 写真1枚(4cm×3cm 最近3カ月以内に撮影)
  3. 在学証明書(学部生は学務部教務課、大学院生は各研究科事務室が発行します。)
  4. 学業成績証明書(同上)
  5. パスポート
  6. 在留カード
  7. 学生証
  8. 手数料 4,000円
  9. 経費支弁を立証する資料:奨学金支給証明書、送金証明書、預金通帳の写し等
    (この他、審査の過程で上記以外の書類の提出が求められる事もあるので、入管の指示に従うこと)

在留資格の変更

大学の留学生として研究・学習をするための在留資格は、原則として「留学」です。奨学金や大学宿舎への申し込み、またアパートの連帯保証人を一橋大学へ依頼する場合などには、在留資格が「留学」であることを求められますから、「留学」以外の在留資格の人は、「留学」に変更してください。(2010年7月1日以降在留資格「就学」は在留資格「留学」とみなされるようになっています。)

在留資格変更手続きに必要な書類と費用は次の通りです。

  1. 在留資格変更許可申請書
    用紙は入国管理局にもあります。申請書「所属機関等作成用1・2」については、学部生は教務課(入学前の新入生は学生受入課)、大学院生は各研究科事務室に依頼してください。
  2. 写真1枚(4cm×3cm 最近3カ月以内に撮影)
  3. パスポート
  4. 在留カード
  5. 入学許可書の写しもしくは在学証明書
  6. 手数料 4,000円
  7. 経費支弁を立証する資料:奨学金支給証明書、送金証明書、預金通帳の写し等
    (この他、審査の過程で上記以外の書類の提出が求められる事もあるので、入管の指示に従うこと)

アルバイトと資格外活動

「留学」の在留資格は、就労活動(収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動)を行うことが認められていません。ただし、風俗営業等一部の職種を除いて、留学中における勉学・研究を妨げない範囲内でのアルバイトが認められます。したがって、アルバイトをする場合は、事前に法務大臣から資格外活動の許可を受ける必要があります(出入国管理及び難民認定法第19条)。また2007年10月より、外国人を雇い入れた事業主は公共職業安定所(ハローワーク)に届け出ることになりました。アルバイト先の雇用主に確認してください。

この資格外活動の許可を受けることなくアルバイトを行ったり、許可を受けていても禁止された内容の仕事であったり、または制限時間以上のアルバイトを行うと、最悪の場合、強制退去の対象となります。特に最近では、巧妙な手口で禁止されているアルバイトに誘い込まれ、摘発されてしまうケースがありますので、少しでも疑問に感じたら、すぐに国際課や留学生・海外留学相談室に相談しましょう。

資格外活動許可申請に必要な書類は次のとおりです。

  1. 旅券(パスポート)
  2. 在留カード
  3. 学生証
  4. 資格外活動許可申請書(入国管理局にあります。また法務省HPでダウンロードできます。)

※アルバイトとしての資格外活動が許可される活動時間は、1週間28時間以内です。

休学するときの注意

「留学」の在留資格で日本に滞在する留学生が、正当な理由なく留学生としての活動を継続して3ヶ月以上行わない場合、在留資格取消の対象となります(出入国管理及び難民認定法22条の4)。よって留学生が休学する場合には、正当な理由がある場合を除き、すみやかに帰国するか、他の在留資格へ変更する必要があります。

「経済的理由」は正当な理由にはあたりません。休学理由が正当な理由にあたるか判断がつかない場合は、国際課へご相談ください。

大学を卒業した後に、就職活動する場合のビザについて

卒業後に就職活動を行う場合、最長で360日(180日×2回)「特定活動」での在留が認められます。「特定活動」への資格変更手続きに必要な大学からの推薦状については、所定の交付申請書に記入のうえ、必要書類をそろえて国際教育センター留学生・海外留学相談室で面接を受けていただく必要があります。具体的な申請方法については、東京入国管理局をはじめとする、各入国管理署に問い合わせてください。

入国管理局への地図

東京都国立市北3-31-2 立川法務総合庁舎
Tel: 042-528-7179


JR立川駅北口から歩いて30分

バスの利用をお勧めします。

  1. 立川駅北口より、バス乗り場12番に行く。
  2. 立川バス53番「北町」(きたまち)行きに乗る。
  3. 「多摩車検場」(たましゃけんじょう」で降りる。降りる時に170円支払う。

JR国立駅から歩いて30分 (自転車で15分)

国立駅からのバスはありません。

入国管理局への地図(バスでの行き方)

Share On

Current International Students 在学中の留学生の方へ