Print

学内での交流活動

日本人学生と外国人留学生との学内での交流活動

一橋大学には、全学生の約10%にあたる600名以上の外国人留学生が在籍しています。日本人学生と多種多様な外国人留学生とが活発な交流をすることは、みなさんが一橋大学の目指す「スマートで強靭なグローバルリーダー」となるために、大きな助けとなります。

日本にいながらにして、世界各国の留学生と交流をし、自身の視野を広げる絶好のチャンスです。是非、国際交流ハンドブックを参照して以下の制度を活用するとともに、国際交流サークルなどにも積極的に参加してみてください。

国際交流ハンドブック

学内での交流活動に関するお知らせ

学内での交流活動に関するお知らせと新着情報です。
随時更新されますので、右の一覧ボタンから確認してください。
RA/CAの募集についてはこちらをご覧ください。

Hitotsubashi University Global Education Program (HGP)

HGPでは、英語で学ぶ授業を提供しています。

チューター制度

日本人学生や先輩留学生が個別に外国人留学生の学習をサポートする制度として、各種チューター制度があります。チューターとして留学生の学習サポート・指導をすることで、逆に自分の知識やグローバルな思考法を獲得するヒントになることもあります。チューターをやってみたい学生も、チューターのサポートが欲しい留学生も積極的に登録してみましょう。

Language Community

ランゲージコミュニティ(LC)とは、本学の外国人留学生と日本人学生とが相互に語学を勉強しあうことを目的とした活動です。日本人学生は主に交換留学生と一緒に語学等を楽しく学びあうことができます。

学生宿舎チューター制度

一橋大学の宿舎である国際交流会館と国際学生宿舎では、レジデント・アシスタント(RA) と呼ばれる大学から任命された学生が、外国人留学生と日本人学生の生活相談やイベントの企画・運営を補助しています。また、国際学生宿舎の6人共有ユニットでは、コミュニティー・アシスタント(CA)と呼ばれる学生がユニットの生活適応支援や交流支援をしています。

留学・国際交流FAQ

よくある質問はこちらをご覧ください

Share On

International Experiences @ Hitotsubashi 学内での交流活動