大学院交換留学の申請

交換留学申請の流れ

  1. 所属する大学(協定校)は、ノミネーションリストを一橋大学教務課に提出する。
    ノミネーションリストは、下記「申請書類のダウンロード」からダウンロード出来ます。
  2. 推薦を受けた学生は、オンライン登録を行う。
  3. 推薦を受けた学生は、その他申請に必要な書類をダウンロードし、準備する。
  4. 所属する大学(協定校)から、一橋大学へ申請書類一式を送付する(郵送またはメール)。

オンライン登録

交換留学の申請には、まず所属する大学からの推薦(nomination)を受けた後、学生本人によるオンライン登録が必要です。


2019年9月入学申請者の登録受付締切は、2019年3月29日(金)です。


※協定校からの推薦(nomination)を受けていない学生は、登録しないでください
※2018年4月、商学研究科は「経営管理研究科」に組織変更されました。

申請書類のダウンロード

下記のリンクから申請書類をダウンロードし、送付期限までに所属する大学の担当者へ提出してください。

協定校から一橋大学への申請書類の送付期限

2019年9月入学の申請書類提出期限
2019年3月29日(金)必着

交換留学 出願スケジュール

スケジュール(概要)はこちらをご覧ください。


大学院交換留学生のオプション

大学院レベルの交換留学生には下記4つの選択肢があります。

(a) 研究指導

研究指導を受けることを目的とする場合、指導教員、リソース等の有無や申請者本人の申請書の内容に応じて受入れの可否が決定されます。研究指導を希望している申請者は、申請書提出前に、自ら本学の教員と研究計画、日本語能力等について連絡をとり、承諾を得ておくことが望ましいです。

(b) 日本語による授業履修

大学院の交流学生は、学部または大学院の日本語による授業を履修することができます。日本語による授業の履修を希望する場合は、日本語能力試験JLPT(Japanese Language Proficiency Test) Level 2, N2または同等レベルの日本語力を有することが、履修の最低条件となります。実際の授業(特に大学院レベルの授業)においては、これ以上のレベルの日本語力が必要となります。各科目の詳細については、本学のシラバスをご覧ください。

(c) 英語による授業履修

大学院の交流学生は、学部または大学院の英語による授業を履修することができます。英語による授業の履修を 希望する場合は、TOEFL score of PBT550 (iBT79), IELTS score of 6.0 または同等レベルの英語力を有する事が必要です。大学院レベルの授業の大半は、日本語による授業のため、英語による大学院レペルの授業の数は限 られています。Hitotsubashi University Global Education Program (HGP)で提供されている授業科目(主に学部レベル)については、ウェブサイトを参照してください。各科目の詳細については、本学のシラバスをご覧ください。

(d) 日本語教育科目の履修

一橋大学では初級から上級まで多用な日本語教育科目を提供しています。一部の大学院レベルの上級日本語科目をのぞいては、学部の授業としての単位が付与されます。日本語教育科目についてはウェブサイトを参照してください各科目の詳細については本学のシラバスをご覧ください。

Share On

PROSPECTIVE INTERNATIONAL STUDENTS 一橋大学への留学を希望する方へ