日本語による学習・添削サポートのご案内

一橋大学には、留学生の日本語による履修や研究を支援するチューター制度があります。
チューター制度の目的は、留学生が日本語環境のなかで勉強・研究できるように、支援を提供することです。現役学生のチューターが、大学の講義やゼミで使われる日本語の説明や、論文執筆のお手伝いをします。

学生チューターは日本語教育の専門家ではなく、校正サービス(いわゆる「ネイティブ・チェック」)提供者でもありません。チューターは、決められた時間内で、留学生との対面でのコミュニケーションを通して、留学生の日本語理解や文章表現における自立をサポートします。

このことを理解したうえで以下の3つのチューター制度を活用ください。

各チューター制度の概要

制度の詳細は各メニューをクリック

 

日本語添削チューター制度

留学生の論文やレポートなどの日本語を大学院生のチューターがオンライン(Zoom)で添削します。

利用時間 大学開講期間の平日 10:30 ~ 13:15 & 14:30 ~ 17:15

但し大学の祝日開講日は実施します。

セッション 45分/回(利用は、1日に2回まで)
チューター 大学院生のチューターがシフト制で対応しています。

2023年9月~10月の担当チューター紹介はこちら。2023年11月~2024年1月の担当チューター紹介はこちら

利用方法 日本語添削ONLINEこちらの専用ページから予約

チューターの研究科に関わらず都合の良い日を選んでください。

添削場所 Zoomアプリを使用してリアルタイムで行います。
準備するもの 添削してほしい文章のファイル(Wordなど)
利用上の
ガイドライン
日本語添削チューターサービス(以下、「本サービス」)は、以下のガイドラインに留意した上でご利用下さい。

  • 本サービスの目的は、留学生の日本語理解や文章表現における自立をサポートすることにあります。チューターは現役学生で、日本語教育の専門家ではなく、校正サービス(いわゆる「ネイティブ・チェック」)提供者でもありません。また、専門内容の指導は行いません。
  • 本サービスは、チューターが一方的に添削を行うのではなく、チューターと利用者の間のコミュニケーションの上に成り立ちます。コミュニケーションを円滑にするために、Zoomのカメラはできるだけオンにして下さい。
  • ご希望の添削の内容や量などによっては、予約の時間内に終わらないことがあります。時間内に終わるように、何に重点を置いて添削を受けたいかを決める、もしくは複数回に分けて予約を入れるなど、計画的にご利用ください。
  • 予約申請は必ず前日までに行ってください(当日申請はチューターが対応できません)。
チューター応募 9月に募集予定です。

初年度チューター制度

一橋大学に入学して間もない留学生が授業で分からなかった日本語の解説や、ゼミの専門的内容の解説、日本語でのレポートやレジュメの書き方などを個別にチューターに指導してもらう制度です。チュータリングを通じ日本語コミュニケーション力が向上することに加え、学生生活の過ごし方などの意見共有を通じ視野が広がるなど、チューターと学生の双方にメリットが期待できる活動です。

利用時間 120時間/年
ペアづくり お互いの性格や会う頻度など、両者の相性を勘案してペアとなるチューターまたは留学生を各自で見つけます。特に大学院生においては、留学生とチューターの専攻分野の近さも重要なマッチング要素となります(分野が近いと、会う頻度もおのずと増えます)。
利用方法 ペアとなるチューターとつど相談しながら決めてください。
添削場所 Zoomアプリを使用してリアルタイムで行います。
登録ステップ 申請~開始までの流れ

1.     初年度チューターの制度概要を確認してください

2.     チューターと留学生とでペアとなるパートナーを見つけてください

3.     チューターは「承諾書」を全学教育支援室に提出する

4.     チューターは「マイナンバー」を経理課へ送付する

5.     全学教育支援室にて「承諾書」を受領後、添削活動開始

「承諾書」はこちらからダウンロードできます。全学教育支援室は東1号館の全学共通センター事務室にあります。マイナンバーを過去に大学に提出した人は不要です。マイナンバー申請用紙は全学教育支援室でも配布できます。

注意事項
  • 初年度チューター制度には、対象外となる指導内容(日本語教育科目や専門内容の説明など)があります。詳しくは、上記の本制度の概要書をご確認ください。本制度の対象外の指導を行った場合の謝金はお支払いしません。
  • 日本語を使って会話を中心に練習したい方は、ランゲージコミュニティ(LC)を利用してください。
チューター応募 チューター募集については通年行っています。

論文チューター制度

留学生の修士論文や博士論文を、チューターが個別に添削します。チューターは、論文の添削を通して、留学生が自立した日本語の書き手になるためのお手伝いをします。

利用時間 論文提出日から数えて4カ月前

提出日ぎりぎりにならないように余裕をもって開始してください。

ペアづくり ペアとなるチューターまたは留学生を各自で見つけてください。
利用方法 留学生の持ち時間は34時間です。

留学生が主体となってチューターに添削して欲しいことを依頼してください。

添削場所 対面またはZoomアプリなどを使用してリアルタイムで行います。
登録ステップ 申請~開始までの流れ

1.     論文チューターの登録資格を確認してください

2.     チューターと留学生とでペアとなるパートナーを見つけてください

3.     オリエンテーションビデオをそれぞれ視聴する。[留学生用]・[チューター用]

4.     視聴後受講クイズを受ける

5.     チューターは「 効果的な論文チュータリングのために」ページの内容を理解する

6.     チューターは「承諾書」を全学教育支援室に提出する

7.     チューターは「マイナンバー」を経理課へ送付する

8.     全学教育支援室にて「承諾書」を受領後、添削活動開始

* 「承諾書」はこちらからダウンロードできます。

* 全学教育支援室は東1号館の全学共通センター事務室にあります。

* マイナンバーを過去に大学に提出した人は不要です。マイナンバー申請用紙は全学教育支援室でも配布できます。

注意事項 1.  (留学生向け)論文チューターが利用できるようになるまでは、日本語添削チューターを利用してください。

2. (チューター向け)論文チューターを初めて実施する方は、秋冬学期開催の論文チューターワークショップへの参加が必須となります。

論文ワークショップコーディネータ募集 本年度の論文チューターワークショップコーディネーターの募集は終了いたしました。
来年度、秋学期に開催する論文チューターワークショップに向けてコーディネーターを募集いたします。興味のある方は参考までに募集要項(100KB)をご参照ください。
チューター募集 チューター募集については、論文提出日の4カ月前より行っております。

問合せ先

留学生・海外留学相談室
TEL: 042-580-8168

全学教育支援室
Mail: edu-kc.g@ad.hit-u.ac.jp
TEL: 042-580-9001